トップページ>アライグマ・ハクビシン防除用電気柵
シカ用の電気柵は3段か4段で設置します

 

※イラストの部品をクリックすると、部品のページにジャンプします

A:角杭
出入り口や曲がり角、地面の凹凸のある場所に使ってフェンスを支えます。力がかかる場所なので、ある程度しっかりした垂木や絶縁木インサルティンバーY型ポストなどを使います。垂木を使った場合はリング碍子などを取り付けて絶縁してください。

B:碍子
垂木などにワイヤーを取り付ける際に使います。ガラガーのパワーユニットはパワーが強いので、確実に絶縁するためにもプラスチックの肥料袋などは使わず、専用の碍子をお使いください。

C:ポール
ワイヤーを支えるためのポールで、高さが自由に調節できるグラファイポールや設置が簡単なマルチポールがおすすめです。

D:パワーユニット(電牧器)
ワイヤーに電気を流すための機械です。高電圧の電気を流して、触れた動物にショックを与えます。このショックは静電気のようなもので、動物に怪我をさせたりするようなことはありません。養蜂のようにフェンスの移動を行う場合は乾電池式バッテリー式、家の周囲の田畑で電源が確保できる場合は100V電源式の機種があります。バッテリー式は電源の無い場所でもソーラーパネルによる発電を利用して作動させることができます。

E:アース
パワーユニットが流す電気をひろい、電気的な回路を完成させる役目を果たします。パワーユニットがその性能を発揮するには、十分なアースが設置されている必要があります。フェンスを移動させる際には、アースも取り外して設置しなおしてください。

F:ワイヤー
一番見やすい白色のホワイトワイヤーリボンワイヤーを使って目立たせます。

G:緊張具
きつくワイヤーを張っても距離が長いほどワイヤーはたるんでしまいます。そんな状態を解消するために100mに1箇所程度の割合で緊張具を使います。通常ポリタイプのワイヤーを使うので、簡易緊張具を使います。

H:ハンドル
出入り口に使用します。高電圧を流しているワイヤーを結ぶのですから、しっかりしたハンドルを選びたいもの。ガラガーのハンドルは高電圧に耐え、劣化を防ぐしっかりとしたつくりになっており、安心してお使いいただけます。専用の部品を組み合せたゲートセットも取り揃えています。


【アライグマ用電気柵】
生息数の増加が激しく、急激に生息地が拡大しており、全国の市町村で捕獲や防除などの対策が行われています。アライグマの被害と対策については、こちらのページにまとめましたので、ご覧下さい。
シカとアライグマ防除する電気柵
下にアライグマ用で3段、その上に2段のワイヤーを張っています。このように複数の動物によって被害を受ける場合は、対象動物の特徴に合わせて組み合せたフェンスを設置します。
どのようなフェンスを作ったらいいか、どんな風に設置したらいいかなど、動物の特徴にあわせてご提案しますので、お気軽にお問合せ下さい。
ネットタイプの電気柵
ネット状の樹脂ワイヤーのなかに金属線が編みこまれており、ここに電気を流すことができます。
電気柵用のネット、フレキシネットについてはこちらをご覧下さい。

【ハクビシン用電気柵】

空中に架線されたワイヤーなどをつたって移動できるため、果樹にも大きな被害を与えています。電気柵は予想されるハクビシンの移動経路に設置してください。

ハクビシンの電気柵
ビニールハウス脇に設置した電気柵で、ホワイトワイヤーを4段設置しています。

アライグマ・ハクビシンを防ぐ電気柵について、お見積もりをご希望される方は
こちらのシートをお使いください。お見積ご依頼シート: PDF 63KB

イノシシ用防除柵
シカ用防除柵
クマ用電気柵
サル対策の電気柵と広域防除
アライグマとハクビシンの電気柵
アライグマもハクビシンも近年、よくご相談を受けるようになった動物です。アライグマは農作物だけでなく、重要建築物への被害や、日本固有種の捕食などで幅広い被害が見られます。ハクビシンは5本の指で器用にワイヤーを伝って移動し、果樹などに被害を与えています。

アライグマやハクビシン駆除はこちら
アニマルトラップ

パワーユニット 電源部
電気柵の管理のために
インサルティンバー 簡易柵用ポスト
始点碍子 中間碍子
ワイヤーとケーブル
クランプ
緊張具
ワイヤーの巻き取りに
スイッチ 危険表示板など
電気柵ゲート スチールゲート
金網フェンス